普通の石鹸と同じでよい?正しいジャムソープの使い方

ジャムウソープに使われているジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる民間薬で、ハーブや植物の根、ハチミツや動物の乳などの自然素材を材料に作られるものです。

 

ジャムウには傷の治療や健康維持、美容目的など、ハーブの配合を変えることで様々なレシピが存在しますが、中でも体臭の軽減に効果的なレシピを厳選して石鹸に配合したのが、ジャムウソープです。

 

ジャムウソープを使うことで、ワキの下や足など、普段から気になる部分のニオイを軽減できるほか、人には相談しにくいデリケートゾーンの消臭にも効果が期待できます。

 

さらに使い続けていくうちに、肌荒れや皮膚の黒ずみが解消され、肌が若返ったようにきれいになったという口コミもありますから、正しい使用方法でぜひジャムウの効果を実感してみてください。

 

ジャムウソープは泡立ちが決め手

一般的な石鹸と違って、ジャムウソープの使い方には少しコツが必要です。

 

メーカーによって少し違いはありますが、基本的にはジャムウソープをしっかり泡立てて、できた泡を気になる部分にパックをするように乗せ、3分ほど置いたあとに洗い流すというやり方です。

 

この洗い方ですと、肌を傷つけることなく、汚れを包み込んで洗い流すことができます。

 

複雑な構造で汚れが溜まりやすいデリケートゾーンは、よく泡立てたジャムウソープの泡と、指の腹部分を使い、シワの内側まで丁寧に洗うと良いでしょう。

 

ただ、膣内は粘液によって弱酸性に保たれており、雑菌の繁殖や病原菌の侵入を防いでいるため、石鹸で洗うと、これらの作用が働かなくなってしまいますから注意しましょう。

 

このような使い方をするため、ジャムウソープを選ぶときは、泡立ちの良さが重要なポイントの一つであると言えます。

 

ジャムウソープの効果を引き出す使用方法

ジャムウソープを使うメリットとして、ヒジやヒザ、乳首やデリケートゾーンの黒ずみの改善がありますが、より高い効果を得るなら、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。

 

ゴシゴシと強い力でこすってしまうと、皮膚に余計な刺激が加わって、傷ついた部分が厚く角質化したり、皮膚の細胞が外部のダメージから体を守るためにメラニンを生成して、黒ずみの原因を作ってしまいます。

 

特にワキの下や、デリケートゾーンは皮膚が薄く、傷つきやすい部分である上、ムダ毛処理などで外部からのダメージを受けることが多いパーツです。このような部分のケアには、ジャムウソープなどの専用の石鹸を使って、優しく洗うようにしましょう。

 

まとめ

ジャムウソープをよく泡立てた泡を気になる部分に乗せて3分ほどパックをするように置いておくことで、ニオイや黒ずみといった皮膚の肌の悩み解消に効果が期待できます。

 

デリケートゾーンはジャムウソープの泡と指の腹を使って傷つけないように丁寧に洗うことで、ニオイの軽減につながるでしょう。